前へ
次へ

歯医者に通う以前の問題

高齢者の場合には歯を失った時のことを考えて歯科・歯医者に通うことになります。子どもの場合には、乳歯から永久歯へと生えかわることもあり、どうしても噛み癖などによる歯並びの問題から矯正治療のために歯科・歯医者に通うことになるでしょう。成人の場合には、喫煙、ストレス、暴飲暴食などによるライフスタイルの乱れによる審美性で歯科・歯医者に通うこともあるようです。どの治療法を選択すればよいのか、それは歯科医から説明を受けるだけでは不足です。どの治療法にもメリットがあればデメリットもあります。1人1人、口の状況も違いますし、それぞれの事情も異なりますから、歯科医と相談の上、選ぶことをしましょう。ストレスがかかるから奥歯に負担がかかり、歯が欠けることもなきにしもあらず、研磨剤によってエナメル質が薄くなりモロくなることもあれば、最悪歯を失うことにもなりかねません。上顎や下顎など、歯の問題だけでなく顎の小ささで治療を困難にすることもあります。端っこの歯、重なりあう歯、前歯など、どの歯が欠損しているか、その状態が異なれば、噛み合わせにも関わってきます。それだけ、歯は日頃から大切にしなければならないことが理解できるでしょう。

Page Top