前へ
次へ

染め出しでプラーク付着状況を知ることも

自分の口腔内にはどれくらいのプラークがあるのか、鏡でお口の中をのぞいただけではわかりません。普段は見てわかりにくいので無頓着になりがちなプラークですが、歯科医院だったら染出しができるので確認することができます。毎日ちゃんと歯磨きをしている人でも、歯ブラシが行き届かなかったり磨き残しをすることがありますが、赤く染め出すことができるので把握は可能です。どの部分にプラークがあるのか、多いのかがわかれば、その部分をもっと丁寧に歯磨きすることができます。染め出しでのプラークチャートは、歯科医院で行うことができるので希望を出してみると良いです。染め出された部位の記録を行い、合計数の計算をすることで、どのくらいお口の中に汚れが残っているかわかります。PCRと言われる数値でわかりますが、お口の中の状態が良いのは20%以下の判定が出たときです。歯周ポケットや歯の表面にプラークが溜まったままだと、虫歯や歯周病のリスクが高まるので、歯磨きの弱点を知り丁寧な歯磨きをするきっかけになります。

Page Top