前へ
次へ

歯列矯正はいつから始めるべきか

歯並びが悪いために、歯列矯正を受けたいかも知れませんが、いつから始めれば良いのかで迷っていませんか。基本的にはいつから治療を始めても大丈夫です。受け口や出っ歯なども治療すれば改善できますし、喋りにくい人も改善されるかも知れません。子供のうちに治療を始めれば歯を抜かないで済むでしょうから、できれば成長期を利用して治療した方が良いでしょう。子供の歯並びが悪いと親御さんは、何歳から矯正歯科へ通わせた方が良いのかで迷うかも知れません。こう言う場合は、早めに通わせてみませんか。早めに歯科医に相談して適切な時期になったら治療を始めると良いです。人それぞれ治療に適した時期が違いますから、歯科医にいつから治療した方が良いのかを決めてもらうと良いでしょう。成長期を利用すれば、顎も動きやすいですし受け口や出っ歯も改善されるでしょう。大人になってしまうと顎が動かしにくくなりますが、成長期は動かしやすいので歯を抜かなくて済むなどのメリットもあります。成長する際に歯並びが悪いと、一部の歯に大きな負担が出ることもあってバランスが悪くなります。しかし、歯並びが改善されて一部の歯に負担が掛からなくなればバランス良く噛めるようになります。見た目のことで本人が深刻に悩むこともありますし、精神的なことも考えて早めに治療を始めた方が良いです。歯列矯正すると器具を歯の表面に装着するために、周りから治療していることがわかってしまうことを嫌がっている子供もいるかも知れません。今では裏側矯正やマウスピース矯正など目立たない治療法がいくつもありますので、これらを選べば安心です。大人になってから歯列矯正しても問題ありません。何歳からであっても遅い事はありませんので、大人になったけれど歯並びを改善したいのならば矯正歯科へ行って相談した方が良いです。部分的に矯正することもできますので、一部分だけ気になるところがある人も相談してみてください。

荻窪 歯科

荻窪 インプラント

行徳 歯医者

歯の病が治るまでしっかりサポート
リーズデンタルクリニックは、完治するまでお付き合いいたします

抜歯しないように治療する綾瀬の歯医者
歯を残すことを第一に考えております

Page Top